その時々によって違いますが、会社をどういう方向にもっていきたいのかによっても採用するポイントが変わります。例えば「もっと会社を活気づけていきたい」という方向であれば採用も必然的に性格が明るい人材の採用になりますし、仮に「会社の組織体制を固めないといけない」という状況であれば、几帳面そうな人材を採用する形になります。
バルニバービってどんな会社ですか?
といった質問をよくされます。社員一人一人によって考え方は変わると思いますが私が思うバルニバービは一言で言うと
一人ひとりがチャレンジャーで有り続けるといったスタンスの企業ですね。「何か新しい事、こんな事やあんな事をしていこう!」という形ですべてのお店が出来上がっています。当社はチェーン展開をしている会社ではないし、1店舗ごとに屋号が違うので現場に権限を与えて店舗ごとのカラーを出すようにしています。だからこそ一人ひとりがチャレンジャーであって欲しいと思っています。

チェーン店と違ってマニュアルや決まったメニューを共有する本部主体の行動的規制を取るのではなく、考え方の行動を共有するようにしています。だからメニューやマニュアルが統一されている大手チェーン店さんとは違って現場がお客様視点で考えて能動的に動かなければならないんです。

チェーン店はメニューがバラバラだったり体系化されていないといけないでしょ?

しかし、私たちはお客様を知っている現場のスタッフたちが判断し、意志決定をするようにしています。基本的には本部主導ではなく現場主導のプレイングマネージメントを意識しています。だからこそ常にファイティングポーズがとれ、挑戦できる人材が理想です。

ずばり人と人との調和が取れない人材はまず採用しません。マニュアルがないぶん、「こうしなければならない」というのがありません。「ああしたい!こうしたい!」の人間が集まるチーム中でバランスをとれる人物でないと反発しあう組織になってしまうので、調和がとれる人でないと厳しいと思います。

10年前と比べチェーン店が増えてきています。以前まではアルバイト経験などの職務経歴をみてもチェーン店でのアルバイトなどは少なかったですが、ここ近年では、チェーン店での勤務経歴が目立ちます。特に若い子たちの最初のアルバイトは、ほとんどチェーン店からのスタートですから。チェーン店でも中には積極的に業務に励んでいた人もいると思いますが、体系化された業務のチェーン店では能動的に働くのには限界があります。それに染まって待ちの姿勢になってる人は基本的に難しいですね。やはり当社では、挑戦し続ける事ができ、そして調和を取れる事が大切です!

基本的に私が重要視するポイントは第一印象ですね。
会って3秒以内に決めるというスタンスです!第一印象が良い人材は、
ほぼ採用します。

僕たちは常連のお客様もおられますが、ほとんど毎日、新しいお客様との出会いがある職種になります。だから、初めて会った方にとって、どれだけ良いイメージを与えられるかがポイントです。やはり第一印象を良くするというのはとても大変だと思います。面接といった緊張する場面で素敵な笑顔で第一印象が良い子は絶対にお店に立っても笑顔ができるはずですから!

若手にはスキルや経験はそこまで求めないので、余計に第一印象を重視します!

また店長や料理長希望の方は数値意識がどれぐらいあるかがポイントです。月の売上がどれぐらいか、人件費や原価がどれぐらいかかっているのか、利益はどれぐらいか…etc。人件費と原価が答えられない店長は、当社で店長としては難しいですね。それが答えられないからといって不採用ではないですが、そのスキルに応じてポジションを決めるといった形になります。

次に「ビールのリッターいくら?」って聞きます。すべてのメニューの中で一番発注があるもので毎日必ず伝票で見ているものですよね?!毎日、目にしているもので一番原価率が高いものなので数値意識があるかどうかを確認しています。

正直な所ですが、あまり仕事の話しはしたくないのも現状です(笑)。基本的に雑談をするようにしています。好きな事、趣味、特技などの雑談をする中で喜怒哀楽を表現しながら、話ができるかを重点的に見ています。それはマニュアルではない心の通った接客ができるポイントになるからです。
マニュアルに染まってしまっている方は喜怒哀楽の表現が乏しい事が多く、話すトーンや表情に変化がないので、面白みがありません。
ホールスタッフは特に人と人との付き合いなので、自分が持っている感性で接客してもらいたいですね。

お客様に必要とされ続ける会社である為に面接はお客様のための面接だと思っています。
お客様が「こんな人に料理を提供してもらいたい」「おすすめ料理は何ですか?」と聞きたくなるような人。お客様に合わせた柔軟で、より親密なサービスを提供したいと考えているからこそ、感情が豊かで第一印象が良い人を採用しています。

過去の自分の経歴に対して必ず一度、整理や振り返りをして欲しいですね。辞める理由は、前向きな理由や後ろ向きな理由など様々あると思いますが、転職のタイミングで今までの仕事をしっかりと振り返り、次に繋げれるように一度、キャリアの棚卸しをして次の転職活動することをオススメしたいです。

  • company overview
  • 株式会社バルニバービ
代表取締役
佐藤裕久
設立
1991年8月
従業員
社員 142名 アルバイト 185名(2011年12月現在)
運営店舗
29店舗
| コメントは受け付けていません。