株式会社 秦丸 代表取締約 上西 弘泰

素の笑顔が出せる素直さと謙虚さ
理想の人材はお客様の前で常に笑える人!素で笑顔になれる人が理想です。笑顔は笑顔でも目が笑ってなかったら、駄目ですけどね(笑)接客中にお客様の話しに共感し本気で笑い、笑顔が提供できる人。純粋にお客様と一緒に楽しみながら接客が出来る人がすごく魅力的だと思います。
そして、自分に自信がある人がいいですね!本当に身に付けているものがあれば自分に自信が沸いて、それが空気感に出てきます。その人その人の自信は必ずお客様に良いイメージを与えます。それと同時に素直で謙虚な人。お客様とお話しをして本当に心から笑顔になれる人は純粋で素直じゃなきゃ出来ないと思います。また謙虚な人は自己犠牲が出来る人です。サービス業なのでお客様ありきの仕事ができるかどうかを見定めるためにも謙虚さがあるのかをチェックしています。

人材理想像とは反対になりますが、暗い人、自分に自信がない人は採用しません。やはり飲食は接客業でありサービス業です。自分に自信がなく暗い人だとお客様の笑顔を生み出すことは難しいですよね。

観察力×センス=サービス最近は履歴書や職務経歴書をしっかり書いて面接に来てくれる方が多いイメージですね。でも履歴書の内容や職歴はちゃんと確認してますが正直あまり見ていないんですよ(笑)話のネタぐらいになればと考えています。もちろん、履歴書の文字の綺麗さや、書き方、表現の仕方でその人の性格が表れると思うのでチェックはします。面接では、必ずその人の目を見ます。目力があるかどうか、観察力があるかどうかを見ています。技術などは教える事はできますが、観察力や仕事のセンスなどはなかなか教える事ができないので。例えば、ホールスタッフはお客様を見る時に、顔を見ますよね?でも、手元や細かな表情を見ていない事が多々あります。お客様の立場に立ってサービスを行うということは注意深く観察する必要性と重要性を理解しなければならないのです。要するに、一般的に誰でもチェックできるところや見える部分だけじゃなく、「細かな部分まで気配りができる人かどうか」「細部に渡ってしっかり観察できるセンスがあるかどうか」をポイントに面接では見ています。


歓迎スキルは数字が見れる人(単純な計算がすぐにできる人)、
人間力(人としての魅力)

この二つがすでに揃っていれば大歓迎です。経験があって自信満々な人ほど、実は基礎の基礎から出来ていない人が多くいます。出来ていない事を率直に出来ていないと注意すると、ショックを受けて萎縮してしまい仕事ができなくなってしまう方も過去にいました。理想像でも触れましたが、自分の現在のスキルも受け入れられる謙虚さや素直さがあればすぐに挽回できると考えています。

ありがとう お客様からもらえる感謝の言葉他の業種と違って、「いらっしゃいませ」とお客様がお店に入って頂ければ100%お金をつかって頂けます。尚且つ、良いサービス提供ができれば「ありがとう」「おいしかった」など言っていただける業種です。そんな恵まれた環境で働けるという楽しさがあると思います。


現在、転職活動を行っている人、または転職活動を考えている人、すべての方に本を読んでくださいと勧めたいです。自分が読みたいジャンルで良ければ、なんでもいいから見聞を広めるために本を読んでください。今は携帯やパソコンなどで、情報が引き出せる時代になってしまっているので考えなくても情報を手に入れることができ、頭を使わなくなってしまい記憶にも残らない。本を読むことで自然と頭の中で「考え、想像」する。この「考える・想像する」ことが習慣化すると、普段の生活から仕事の面まで、より多くの事が記憶として残ると共に、必ず今の自分にとってプラスαの考え方や一つ階段を上った上の景色が見えるはずです。


飲食関連の本でもレシピ本、小説、ビジネス書、マンガでもなんでもいいです。本を読むことで何かに気づく「きっかけ」と「上の目線」で物事を見れるようになるはずです。お客様ともスタッフとも目線を合わせられる人間になることが必要だと思います。

  • company overview
  • 株式会社 泰丸
  • Italian Bar PIENO
代表取締役
上西 弘泰
設立
2006年12月
運営店舗
4店舗
| コメントは受け付けていません。