資格紹介

  • 調理師
  • ふぐ包丁師
  • 製菓衛生師
  • 菓子製造技能士
  • パン製造技能士
  • 食品衛生責任者
  • フードコーディネーター
  • ソムリエ
  • ワインエキスパート
  • ビアテイスター
  • 利き酒師
  • 焼酎アドバイザー
  • 日本茶インストラクター
  • ティーインストラクター
  • バーテンダ―
  • 野菜ソムリエ
  • チーズプロフェッショナル
  • レストランサービス技能士
内容
調理師は料理の技術、食品の衛生管理、食材の栄養など料理における知識や技術を習得し、都道府県知事から免許を受けた者のみが名乗る事の出来る国家資格です。
料理を作る事が主な仕事となり、就職・転職の際にも有利な“食”の最も基本的な資格となります。
取得方法
厚生労働大臣が指定する調理師学校に入学し、1年以上調理師に必要な知識や技能を習得し学校を卒業。
または中学校を卒業した上で、2年以上飲食店などで調理の実務(助手や見習い)を経験した後に、厚生労働大臣が定めた調理師試験に合格。
【内容】
毒物にも指定され、取り扱いなど非常に厳しく制限された危険な魚フグに対して、調理を行う為の資格が「ふぐ包丁師」です。
ふぐの料理専門店や、日本料理店、ホテル、旅館と行った施設で活かすことができます。特別な技術と知識を必要とする為、一般の調理師よりも需要が多く就職や転職でも評価の高い資格です。

【取得条件】調理学校で専門知識や技能を学び、受験して資格を取得。または、実務経験を通して、有資格者などから学び、直接試験を受験して資格を取得。

内容
製菓衛生師法に基づき、製菓技術の向上、習得度を示す国家資格。製菓材料などの安全性、貯蓄の為の衛生面の管理及び監督といった面が重要視され、美味しく安全なお菓子を作る為の知識や技術を備えた者が習得できます。活躍の場は、洋菓子店、レストラン(パティシエ)を始め、お菓子メーカーなど。将来、お菓子のお店を開業する事も出来ます。
取得方法
製菓衛生師養成施設を卒業し、国家試験に合格。
または、菓子製造業に2年以上従事し、国家試験に合格。
【内容】
お菓子の製造技能を検定する国家資格。
資格取得により技術の高さの証明となり、任される仕事の幅が広がります。
自分でお店を経営する人にとっては、お店のレベルの高さをを示すひとつの指標になる資格で、洋菓子部門と和菓子部門に分かれています。
【取得条件】
職業訓練施設で学び、その後に受験して資格を取得
(職業訓練歴がなく資格受験するためには、2級で2年以上、
1級の場合は7年以上の実務経験が必要)
【内容】
パンの製造技能を検定する国家資格です。資格取得により技能の高さの証明に繋がり、職場での地位や、高い技術が必要とされる仕事を任される事もあります。
自分でお店を経営する人にとっては、お店のレベルの高さを示すひとつの指標になる資格です。
【取得条件】
職業訓練施設で専門知識と技能を学び、その後に受験して資格を取得を取得(職業訓練歴がなく資格受験する為には、2級2年以上、1級の場合は7年以上の実務経験が必要)
内容
飲食店などを営業・開業する場合、営業許可と共に資格は必要不可欠です。事務所ごとに選任される責任管理者のことで、保健所へ届け出る事が定められています。
仕事内容は従業員への衛生指導、施設の衛生管理、設備の衛生管理が食品衛生責任者となります。
食品に関わるには必ず、食品衛生責任者が必要なので受講者数が多い資格です。
取得方法
各都道府県の衛生主管が行う、食品衛生責任者の養成講習会に参加し、衛生法規、公衆衛生学を1日受講すれば資格を取得することができます。
また栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛生管理者などの資格の所有者は講習会を受けず、食品衛生責任者になることができます。
【内容】
各専門分野のスペシャリスト(料理士、メニュープランナーなど)たちの連携を図り、フードビジネスを
トータルにマネジメントする資格。
主な仕事は商品の提案開発、レストランなどの飲食店でのプロデュースなど。
食に関する全般的な幅広い知識が必要とされ、調理師や栄養士といった資格と合わせて取得するケースが多い。
【取得方法】
1級~3級まであり「日本フードコーディネーター協会」の行なう資格認定試験を
受験し合格する事で取得できます。
3級の場合、受験資格は特にありませんが2級を受験できるのは3級の合格者に限られます。
【内容】
ワインに対する知識や技術を活かし飲食サービスを行なう為の認定資格。ワインや料理の組み合わせに関する情報提供はもちろんのこと、飲み物全般の仕入れ、保管など飲み物全般を含めた幅広い知識が必要とされ、サービスでも一流の技術が要求される。資格保持者は、確かな味覚と技能を持っていることの証明になり、ホテルやレストランなど幅広く活躍する。

【取得条件】
5年以上の飲食サービス業(アルコール飲料)の実務経験があり現在も従事している、または現在も従事し協会会員として3年以上経過していることが条件で、「財団法人日本ソムリエ協会」の行う資格認定試験を受験し、合格する事で取得することができます。

【内容】
ソムリエと同様に「日本ソムリエ協会」が一般のワイン愛好家やソムリエなどを対象にした資格です。ワイン品質判定を行う為にの知識や技術に対しての認定資格です。
料理関係に携わる人であれば、ワインの確かな知識と、味覚を持つ証明になり、ホテルやレストランへの就職・転職に有利です。
【取得条件】
「日本ソムリエ協会」の行う一次試験(基本技術講習会・一次試験)と2次試験(口頭試問・利き酒)に合格すれば取得することができます。
受験資格は特にありませんが、20歳以上である事が条件です。
【内容】
ビールの味や癖などから、その人の望むビールを提供、販売する為の資格。
世界で70種類以上あるビールについての知識やさまざまな観点(五感)
から味や品質を評価する能力が求められ、地ビールを扱う飲食店が中心に活躍の場が広がります。

【取得条件】
試験と同日の講習会を受講し、「日本地ビール協会」の行なう
「ビアテイスター認定試験」に合格すれば取得できます。
受験資格は、日本地ビール協会の会員でなければいけませんが、受験時に入会する事ができます。

【内容】
日本の味わいや香りを鑑定する能力と日本酒の豊富な知識を備えた日本酒のソムリエとも呼べる資格です。日本酒を中心に酒類全般のアドバイスを主に行います。
飲食店では料理に合うお酒のアドバイスや、おいしくお酒を提供する為の演出などを行います。

【取得条件】
受験資格を得る為に日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会又は通信講座を受講しその後、試験に合格する事で取得できます。試験の内容は筆記試験、テイスティング、口頭試験があります。

【内容】
焼酎アドバイザーは飲食店や酒販売店などで焼酎の歴史、より美味しい飲み方、楽しい時間を過ごす為のアドバイスや紹介・提案をする為の専門知識に対する認定資格です。
飲食店でのアドバイスはもとより、酒造メーカーや酒類の販売でも活躍の場があります。

【取得条件】
受験資格を得る為に日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会又は通信講座を受講しその後、試験に合格する事で取得できます。試験の内容は筆記試験、テイスティング、口頭試験があります。

内容
日本茶の歴史や文化などの正しい知識の普及や発展の為に活動する指導員です。お茶について一般消費者の指導・助言ができ、日本茶インストラクターのアシスタントが出来る「日本茶アドバイザー(初級)」と、お茶全般について一般消費者や初級指導者を指導できるレベルの「日本茶インストラクター(中級)」の2種類があります。
日本茶教室の開催、日本茶アドバイザーの育成・指導なども行います。
取得方法
日本茶インストラクター協会の行なう、日本茶インストラクター認定試験(筆記・実技)を受験し合格すれば取得できます。受験資格は特にありませんが、20歳以上であることが条件です。
【内容】
ティーインストラクターは紅茶の普及を目的に「紅茶セミナー」などを通して、お茶選びや美味しい飲み方などをアドバイスしたり、紅茶を楽しむ手段を提案します。紅茶教室などの各種講習会を開くことができ、実践的な資格の運用が可能です。資格にはジュニア、シニア、マスターの3種類があります。
【取得情報】
資格の取得には「日本紅茶協会」の行なう養成研修(6科目40単位)を1年間受講し、その後に資格認定試験(ジュニア)に合格する事によって取得できます。シニアを受験できるのは、ジュニア取得後、実務経験5年後以上、マスター受験には更に10年以上の実務経験とかなりの時間が必要となります。
【内容】
アルコールを提供する飲食店で働く為の知識や技能などの向上を目的として「日本バーテンダー協会」によって行われている認定資格です。バーテンダーの資格は、経験や能力レベル経験にあわせて3段階あります。実務を通じて、技能を磨き上位資格を取得したり、バーテンダー技能大会に入賞することで収入アップも可能です。

【取得条件】
資格の取得には必要な実務経験を満たした上で研修会、講習会を受講し、「日本バーテンダー協会」の行なう資格試験に合格する事で取得できます。ただし日本バーテンダー協会の会員であることが条件。

【内容】
野菜や果物の種類、栄養、保存法などについての専門知識を使って野菜の魅力を伝え、生産者と消費者の橋渡し役として注目されています。料理教室の講師やレストラン等のレシピ開発、野菜を主とした飲食店の開業またはプランナーとしても活躍できます。資格には「ジュニアマイスター」「マイスター」「シニアマイスター」があり、理解力に合わせてスキルアップの出来る資格となっています。
【取得条件】
ベジタブル&フルーツマイスター協会が主催する全7回の養成講座を修了し、試験に合格しなければいけません。受講方法は講義を生でしっかりと学習する通学生の講座、全ての講義を自宅で自分のペースでDVD学習する全通信制、4講義はDVDで学習し、1日だけ、残りの3講義を受ける通信制+1日スクーリングから選びます。
【内容】
チーズの専門家として知識や販売の高い技能を持つ証となる資格。資格保持者は、チーズ専門店やホテル、高級レストランなどで活躍できます。さらに、ワインに関わる資格と共に資格取得すればより、活躍の場は広がります。
【取得方法】
チーズプロフェッショナル協会の会員であることが条件。(受験時に入会する事も可)
毎年5~6月に協会が主催する基本講習会を受講し、一次試験(7月下旬)二次試験(10月中旬)に合格すること。
【内容】
レストランにおけるウェイターやウェイトレスが、接客・料飲サービス分野において優れた知識や技能などを有する人物として認定される資格で、サービスに関する国家資格。ホテル・レストラン業関係などの業種や料飲サービスを行う場で生かすことができ、就職に有利となると言えます。また受験資格内容で1~3級に分かれています。

【取得条件】
3級は日本ホテル・レストランサービス技能協会で承認された学校の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者、または飲食サービス業で1年以上の実務経験がある者、2級は、3級合格後、実務経験2年または3年以上の者、1級は2級合格後、実務経験が4年以上ある者や11年以上の実務経験があるが対象となり、試験は学科試験(毎年夏に実施)と実技試験(毎年秋に実施、学科試験合格者のみ)がある。

| コメントは受け付けていません。